忘れてはいけない!注文住宅の土地選びの重要ポイント

生活に便利な立地は注文住宅での暮らしに便利

注文住宅選びは、建物もさることながら土地選びの重要性が高いです。住宅を建てる土地は、生活の利便性を考えて選ぶ必要があります。スーパーやコンビニなど、商業施設は周辺にできるだけ多くあった方が便利でしょう。また役所や銀行なども住宅の近くにあると不便がありません。しかしあまりに商業施設が土地の近くにあると、人や車の往来が多く騒がしくなります。実際に土地を下見して、静かに暮らせる環境かどうかの確認も欠かせません。

注文住宅の土地選びで意識したい地盤の強さ

注文住宅の土地は、建物を建てるのにふさわしい土地であるかどうかの確認が欠かせません。特に階数の高い注文住宅を建てる場合には、脆弱な土地では問題が起きやすいため注意を要するでしょう。周辺の立地が良くとも、地盤が弱く問題を抱えている土地は珍しくありません。そこで候補地となる地盤の強さについて調査し、必要であれば地盤改良のための工事を注文住宅の建築前に行うと、安心して土地の上に住宅を建てることができます。

災害に強い土地を選ぶと注文住宅での暮らしに安心

土地選びでは、災害に強い立地の方が大切な注文住宅を守るために有利です。場所によっては洪水など災害に遭遇しやすいケースがあるため注意しなければなりません。特に川や海のそばにある土地は、水害による影響を考慮する必要がありますね。注文住宅を建てる予定の土地が災害に強いかどうかは、資料を参考にして検討が可能です。例えば自治体が公表している地域のハザードマップを参考にすると、洪水や地震災害の影響を考えつつ土地選びができます。

後悔しない注文住宅を建てるためには、少なくとも一年以上前から展示場を見に行ったり、施工中の家を見に行く必要があります。