賃貸物件選びは地域の相場を理解する所から始めましょう

地域の相場は大手不動産屋に任せる

大手不動産屋は、自社の利益が常に最大となるように部屋を案内してくるので、地域の相場のうち最高値を知る際に参考になります。不動産屋の収入源は、大家から受け取る広告料と入居者から受け取る仲介手数料が主ですが、更に保証会社の利用を強制することで得られる保証会社からのキックバックも重要な収入源です。中には清掃費用や鍵交換費用まで強制的に徴収する大手不動産会社もあるので、まさに地域の最高値相場を知る良い機会となるでしょう。

本当に探したい部屋は専任媒介物件にあります

せっかく借りるなら、優良物件の紹介を受けたいものです。優良物件の特徴として、保証人を立てて借りられることにあります。保証会社を利用したい人は任意で利用出来ますが、無駄なお金を支払って保証会社を使うメリットはありません。保証人を用意できない人が使う制度です。地元の不動産屋の中には、大家から専任媒介物件を預かっている所があります。専任媒介物件の紹介を受けられたら、内見をして気に入ったらすぐに契約することが望ましいです。

オーナーの逆襲が既に始まっています

アパート経営を行っている大家にとって空室率の上昇は悩みの種です。しかし、実際に空室率を増やしているのは不動産屋です。正確には不動産屋が付ける保証会社による追い出し行為が社会問題化しています。大家の中には、入居者の事情を考慮した丁寧な自主管理に切り替えることで常に満室を維持している人が増えています。オーナーが直接入居者を募集するようになったのは、既にオーナーによる不動産屋外しが始まっているからです。アンテナを張っている入居希望者の中には、オーナーと直接契約が出来るサイトの登場を既に知っており、有効活用が行われています。

札幌の賃貸マンションは、タイプの異なる豊富な物件が存在しており、自由度の高い物件選びが可能という魅力があります。